メニュー

岡村薬局の歴史 - 吹田市の薬局なら歴史深い岡村薬局。漢方・美容品なども取り扱っております。

岡村薬局

06-6384-0374

岡村薬局の歴史

初代:岡村富三

「岡村薬局」は、昭和5年にこの地(旧:大阪府豊能郡字垂水村)で開局しました。 創業者の岡村富三の父、岡村富蔵は大阪市中央区道修町にある少彦名神社(神農さん)を建てた宮大工でした。
育った環境が薬問屋の集まる道修町だったため建設業よりも薬業の道に進んだようです。「手品が好きな薬屋のおじさん」として村の住民に親しまれていました。親族はそれぞれ医者・歯医者・薬剤師・看護師・栄養士の道に進み、皆が集うと自然と今でいう多職種連携になっておりました。

歴史

二代目:岡村孝次郎・庸子

歴史

昭和26年、株式会社岡村薬局を設立し、薬局製剤製造・販売、一般薬、動物治療薬、工業用薬品、衛生材料、資生堂化粧品を販売しました。吹田市薬剤師会会長を長く務め、「国立循環器病研究センター」の前にある「府薬会営吹田薬局」の立ち上げに尽力しました。平成13年に長年の地域薬業への貢献を認められ、双光旭日章を授与されております。

三代目:岡村公生・俊子

岡村公生は田辺製薬株式会社(現:田辺三菱製薬株式会社)に入社し、在職中に薬学博士課程を修了しました。三代目を継承するはずでしたが、病に倒れ早逝しました。平成22年より、妻である岡村俊子が事業継承し、現在に至っております。

代表からのメッセージ

岡村薬局は昭和の初めより、豊津・江坂地区にお住いの皆様とともに歴史を育んでまいりました。
3世代・4世代に渡るお付き合いになるご家庭も多くいらっしゃいます。また、交通の便の良い土地柄もあり、新しくお住まいになる方にも気軽に頼っていただける「健康相談所」になれるよう心掛けています。
5名の薬剤師と4名の医療事務員が、皆様一人一人のニーズに合わせた、きめの細かい対応ができるように努力しています。正確な調剤はもちろん、皆様と会話する時間を大切にするために全自動錠剤分包機や調剤監査システムを導入しています。 また通院や来局が困難になった場合は、患者様のお宅にお薬をお届けして薬の説明をしていますので遠慮なくご相談ください。

店舗情報お問い合わせ